読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しくんのおはなし。



こんばんは。


今日は " 私の推しについて " のお話です。


私の推しは、アラサーで背が高くて(ちょっぴり足が短い)筋肉質で頑張り屋さんで…笑顔がよく似合う素敵な俳優さんです。


好きになったきっかけは原作が好きで観に行った2.5の舞台。私の好きなキャラクターを推しが演じていたっていうのもあるんですけど、もうとにかくかっこよくて。
うーん、いわゆる一目惚れです(笑)
カーテンコールの時、主演の方や日替わりで話すキャストさんの姿を見守る目が優しくて温かくて。推しの立ち位置からほぼ0ズレっていうこともあってか、そんな素敵な推しの表情から目が離せなかったです。最初は色んなキャストさんを目で追って全体を見ていたのですが、終演後に推しの演技をもっとちゃんと観たくなって軽率に観劇数増やしました。
そして、すぐに俳優沼に落ちました(笑)
あの時からもう2年以上経ちますが、推しの演技が相変わらず大好きです。



推しをひとことで例えるなら…

                                        " やさしくて強い人 " 




本当に優しいです。いつもにこにこしてて接触なんかも、ただ握手してチェキ撮って話して…っていうだけでも大変なのに、ファン1人1人との時間をとても大切にしてくれます。
ずっと目を逸らさずに話を聞いてくれて。緊張して言葉に詰まっても次の言葉をちゃんと待っていてくれて。推しから話を振られることもあるし、聞きたいことも世間話(?)を交えてにこにこ答えてくれます。ブスにも爽やかに対応してくれる推しは優しいです(笑)
例えお仕事でも、嫌な顔や疲れた顔一つも見せずに対応する推しは本当にすごいなあって思います。お友達にも推しの良対応はお墨付きをもらったので、気になる方いましたらぜひ一緒にイベント行きましょう…!
ご連絡お待ちしてますね(笑)


そして、推しは努力を見せない人です。役者だから当たり前だろって思う方もいると思うんですが、多分私が思っている以上に推しは努力しています。これも当たり前なんですけど(笑)でも、演技を見るたびに感じます。台詞への感情の込め方とか、表情なんかも推しを固定で見ていると " あ、ここ前と違うな " って思うことないですか?毎回違う演技を魅せてくれるので新鮮だし、引き込まれてしまいます。
舞台関連のイベントとかで、稽古ではこんなことやったよってキャストさんと笑いながら話してはくれますが、推しの辛かったこと、苦しかったこと、悩んだこと…マイナスなことは絶対に話してくれないです。
稽古はこれが楽しかった、とか誰とこういうやり取りしたとか…自分のことより他の俳優さんのことばかり話します(笑)そんな部分も推しらしくて好きですが、わがままなおたくなのでたまには推しの話も聞きたいなあって思います。
他の俳優さんより年上だから、推しなりに人一倍悩んでいると思います、多分。楽天的に見えて、内には熱いものを秘めてる素敵な人です。語彙力がなくて同じ事ばっかり繰り返してますが(笑)縁の下の力持ちみたいな人です。


完璧な余談ですが、とある舞台で " 私の推しがあの役やってくれて良かった " って他の俳優おたくのお友達から言われました。素直に嬉しくて、思わず泣いてしまいました(笑)
今後、年齢を重ねて役の幅も広がっていく中で、推しが必要とされる舞台がもっと増えたらいいなって思います。前回も書きましたが、推しの主演舞台が見たいです。一番長く板の上で輝く推しの姿が見たいな。
底辺おたくの私は、せっせとプレゼント送ったり推しの個人ブロマイド買い占めるくらいしかできないので、舞台始まるまで大人しく働いて稼ぎます(笑)舞台の個人グッズの売り上げって少なからず人気を表しますもんね。私の推しのブロマイドが一番売れたって言われたら嬉しいなあ。頑張らねば。


最近推しのことが好きでたまらない(りあこではない)ので惚気てみました。






独り言。

 

 

こんばんは。

 

 

完璧な独り言です。

 

 

 

もし推しが突然いなくなったら。

なんて考えてしまいました。

 

 

これは完璧な私のエゴですが、推しにはまだやって欲しいお仕事がたくさんあります。推しの色んな役が見たいし、2.5次元ではないストレートの舞台も見たいです。

 

 

でも、1番は " 推しの主演姿 " を見ること。

板の上に1番長い時間立って、誰よりも熱い想いを持って演じて欲しい。別に現時点で推しが演技に手を抜いてるって訳じゃないですけど。

私の推しはいつだって自分の役に誇りと使命感を持って板の上に立つ、本当に本当に素敵な人です。

 

 

先に書いておきますが、私は底辺のおたくです。

都内在住ではないので、平日は時間的に公演が見れないです。だから全通もできません。

でも公演期間は毎日思ってます。

なんで今日の推しの演技が見れないんだろうって。

学校や会社はそう簡単に辞められないし、今すぐ都内へ引っ越すことも難しいです。たった数回の土日公演を楽しみに長い長い平日を乗り切っています。

 

 

でも、頭では分かっていてもやっぱり舞台が千秋楽を迎えるたびに後悔するんです。

 

 

" もっと推しの演技が見たかった " って。

 

 

今日の推しには今日しか会えないって分かっているのに。昨日の推しも明日の推しにもその日しか会えないのに。

当たり前のことですけど、会える時は会いに行かなきゃだめですよね。

 

 

会いたい時に会わないでどうするんだ私!もっと頑張れよ!っていうお話でした。

いつもまとまりのないお話で申し訳ないです本当に(笑)

 

 

 

 

 

 

 

推しへ

明日の推しは今日より笑っていますように。

 

 

 

 

お題。

 

 

今週のお題「私のタラレバ」

f:id:xty:20170204194753j:image

 

 

 

需要のない初恋の話書きますね(笑)

 

 

 

 

初恋は中学1年生の時でした。

入学式で一目惚れした同じクラスの男の子です。

 

 

彼…う〜ん。ここではAくんで。

Aくんは、背が高くて優しくて、とにかく格好良かったです。おまけに頭も良くて運動もできて。私の中では完璧でした。

最初は話す機会なんて無かったんですけど、私の友達がAくんと席が近かったので少しずつ一緒に話すようになりました。

 

 

初めて席替えをした時、Aくんの斜め前になったんですが、緊張しまくって後ろの席見れなくてほとんど何も話せませんでした(笑)

Aくんには無口で関わりにくい女子って思われたんじゃないかな。

 

 

その後また席替えをした時に、なんとAくんと隣の席になってしまったんです。

緊張して話せないし常に隣にいるなんて無理無理!って感じだったんですが、運良く私の前の席がよく話す友達でした。初めて席に着いた時、Aくんが私に向かって「またよろしくね」って握手してきて初日からドキドキで死にました。

 

 

友達がAくんと仲が良かったおかげもあって3人で話すだけじゃなくて、Aくんと2人でも話せるようになりました。勉強を教えてもらったり、くだらない話をしたり…毎日本当に幸せでした。彼と話せるのが嬉しくて、勉強もひたすら頑張ったら学年順位が50位近く上がったり、100点取ったりして、恋のチカラって怖いなって思いました(笑)

 

 

あと中学って給食のとき班になるから、ちょうどAくんと向き合って食べるじゃないですか。視線を感じて顔上げると目が合うし、にこにこ微笑んでくれて毎日恥ずかしくてしんどかったです(笑)

 

 

ある日の下校時、一緒に帰る友達をトイレの前で待っているとAくんが私の前を悩みながら何度も通って…

Aくんが友達と「絶対無理…」「大丈夫だって」って話していて。

何かな?って思って見ていると、Aくんが私の前に来て「バ、バイバイバイ!」って言ってきたんです(笑)

そんなに緊張されると私も緊張しちゃって「ま、また明日…ね」なんて初々しいやり取りもしました。若い(笑)

下校中に友達に「顔赤いけど大丈夫?熱?」と聞かれるくらいには照れてました。

 

ちなみにこの3日くらい後にインフルエンザにかかったので、顔が赤かったのはきっと熱のせい。

 

 

バレンタインは友達用のとは別にAくん用のチョコも持ってきたんですが、Aくんは甘いものが得意じゃないって聞いていたので渡せなくて…

その日は帰ってから1人寂しくAくん用のチョコ食べてました(笑)

 

 

で、好きって言えないまま春休みになって。毎日お風呂に入るたびにAくんのこと思い出して泣いてました。告白もできないクズだったので泣くことしかできなかったです。Aくんまだ携帯も持ってなかったので連絡しようもなくて。

 

 

勝手に春休み中にAくんへの想いを断ち切ったのに、次の年も同じクラスになってしまったんです(笑)まさか同じクラスになるなんて考えていなくて。Aくんとどう接していいかも分からなくって。

好き避けって言葉あるじゃないですか。

好きすぎて避けちゃうって意味なんですけど。

もう本当にその通りで、Aくんは今まで通り接してくれるのに目を見て話せなくて、すぐ逃げちゃって。

結局告白できないまま私の初恋は終わりました(笑)

 

 

あの時Aくんに告白していたら、どうなっていたんですかね。付き合ってたのかな(笑)

 

 

 

 

以上。まとまりないな〜(笑)

グダグダでごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

同じクラスだった友達から中3の終わり頃に「Aくんと付き合ってるんだと思ってた」って言われたので、もしかして両片思いだったのかなあ、なんて。

 

高校はAくんと別だったんですけど、毎年誕生日にお祝いしあえるまでには関係は修復(?)しました。あと中2の時に避けてごめんねって言えなくてモヤモヤしてたのも言えたので未練とかないです。

 

Aくん、青春をありがとう。

だいすきでした!

 

終わり。

 

2月 。

 

 

こんにちは。

最近1日が過ぎるの早すぎませんか?

気づいたら2月に入っていて節分も過ぎていました(笑)

 

 

さっきまで頑張って書いていたブログの記事を間違えて消してしまって泣きそうな今日この頃です(笑)

 

 

悲しいので違う記事書くことにします。

2月は週に1回は更新できたらいいな。

 

 

今月もよろしくお願いします。

お久しぶりです。

 

 

 

改めましてお久しぶりです。

うっかりしていたら2017年を迎えていました…

 

 

 

なんとか1月中に更新しなければ…!

と思っていたらこんなに日が経ってしまいました。

 

 

 

今年もやっぱりポンコツです(笑)

 

 

 

いま学校の試験真っ最中なのですが、近いうちに更新できるようにがんばります。

 

 

 

今年もよろしくお願いします。